社労士は会社にとって必要な人材!顧問として雇う理由

なぜ社労士が必要なのか?会社を経営するために知っておきたいこと

複雑な会社の労務管理

会社では、さまざまな法律が関わった上で規則を決めて従業員を雇っています。これらを管理する業務が労務といい、会社にとって重要な業務のひとつになります。そんな業務を任せられるのが社労士になります。

社労士を雇うメリットをランキングでご紹介!

no.1

人事管理を任せられる

社労士の主な業務として人事管理があります。これは、社員の入社や退職時に必要な手続きや労災など書類作成と届け出などが含まれています。専門の知識をもとに行なうので安心して任せることができます。

no.2

給与計算をお願いできる

従業員の給与計算は、とても大切な業務です。間違えてしまうと従業員に大きな負担を与えますし、信頼関係もなくなります。ですから、社労士に任せて間違いのないようにしてもらいましょう。

no.3

保険料などの申告業務

雇用保険や社会保険などの管理も社労士にお願いできます。保険関係も間違ってはいけない業務なので、プロの社労士に任せたほうが安心できます。出産一時金や傷病手当金などの給付もお願いできます。

社労士は会社にとって必要な人材!顧問として雇う理由

天秤を持つ人

色々とややこしくなっているからこそ…

現代は、コンプライアンスや労働基準法などで従業員を雇うにも慎重に行わないといけません。会社によっては、労務関係を人事部などに任せているかもしれません。しかし、知識があまりない人がするとトラブルに発展することだってあります。トラブルを回避したいのなら社労士を雇ったほうが確実といえるでしょう。

横浜には優秀な社労士が多い

横浜で会社を経営しているのなら、社労士を選ぶのに困らないでしょう。その理由は、優秀な社労士が多いからです。ネットで検索すれば、実績などを把握できるので社労士を探しているのならぜひチェックしてみてください。気になったら一度問い合わせして、どんな人なのか見て雇うかどうか決めるのもいいでしょう。

広告募集中