弁護士に間に入ってもらえば離婚成立に持っていけて慰謝料も決められる

慰謝料を確実に請求したい!離婚に詳しい弁護士に任せよう

弁護士に間に入ってもらえば離婚成立に持っていけて慰謝料も決められる

弁護士

慰謝料を請求したいなら…

相手の不貞行為で離婚するとなったら、慰謝料を請求したいと思うでしょう。慰謝料は、相手とその浮気相手から請求することができます。しかし、人によっては受け入れずに慰謝料の支払いを拒むことがあります。こうなった時は、離婚に強い弁護士を雇って慰謝料請求できるようにしたほうがいいでしょう。

弁護士を挟んだほうがいい理由

あまりおおごとにしたくない…と思っていても離婚するとなったら、双方の合意が必要になります。どちらかが離婚を拒んでいたり、慰謝料の支払いを拒んでいたりするとなったら、離婚成立までたどり着きません。しかし、弁護士を間に挟むことで法律に基づいて対応してもらい、離婚成立へ導いてもらうことができます。

条件を決めておくのが大事

ただ慰謝料請求しても支払いが滞った時の対応を決めておかなければ、慰謝料を支払ってもらえない可能性が高くなります。滞った時の条件も弁護士に相談して決めることができるので、支払ってもらう側が損しない条件を提示しましょう。ただし、支払う側に大きな負担がかかるものは避ける必要があります。

離婚は精神的にも体力的にも辛い

結婚する時はあれだけ幸せだったのに、相手が不貞行為などをしたせいで離婚となったら精神的にも体力的にも辛いでしょう。ですから、早く解決して相手に条件を飲んでもらい、離婚成立させられるようにすることが大切です。弁護士に依頼して、早めに解決できるようにしましょう。

損しない状況を作りだすことが大事

離婚の話し合いが長引くと心身ともに辛くなってきて、人によっては早く終わらせたいから妥協することがあります。しかし、妥協は損するだけなので離婚に強い弁護士に間に入ってもらい、慰謝料請求などの手続きを行なえるようにしたほうがいいでしょう。

広告募集中